スポンサーサイト

2019.04.13 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    速水奏の『if』を考察した まとめ

    2018.06.30 Saturday

    0

      ※この記事は速水奏の「if」をまだ聴いたことが無い人は見ない方が良いです※

       

      この曲は、聴く人によってかなり解釈が分かれる曲であり、中の人(飯田氏)もそのように語っています。

      奏Pの方々については、まず自分で聴き、自分なりの解釈を見つけてもらいたいし、その方が楽しいと思います。

      その上で、別の事務所の速水奏の「if」としてこの考察を見て頂けると幸いです。

       

       

      これは、速水奏の新曲『if』について考察した記事になります。
      記事は2つに分かれており、当初不満だらけだった評価を綴った前編、丸一日考察に時間を費やした結果、一変して大絶賛の嵐となった後編です。

      思ったことを片っ端から書き連ねているので恐ろしく長いです。前編が約6,000字、後編が1万9,000字です。何故こんなことに。

       

      読む場合は順に読んで頂きたいところですが、前編は本当に批判だらけの記事で気分はあまり良くないなので、読みたくない方は後編だけ読んでもらえればと思います。

       

      ただ、もし現時点でこの『if』に少なからず不満を持っている方は、前編を読んで頂くと共感出来る部分もあるかもしれません。

      そして前編で語られている不満や疑問点は、全て後編で一転して褒め散らかしています。なので、そういう不満を持った方にこそ読んで頂きたいという思いもあります。

      何かこの『if』という曲の見方、評価が変わるキッカケになってもらえると幸いです。

       

      それでは以下からどうぞ。

       

       

      速水奏の『if』を考察した 前編 ダメ出し編

       

      速水奏の『if』を考察した 後編 大絶賛編

       

       

       

      新たに全く違った解釈で考察をした記事を追加しました。

      こんな捉え方もあるかなぁ、くらいな感じで見て頂けると幸いです。

       

      6/29追加 速水奏の『if』を考察した 番外編 「あいくるしい編

       

      6/30追加 速水奏の『if』を考察した 番外編「奏はPラブ編」

       

       

       

       

       

      つづく

      スポンサーサイト

      2019.04.13 Saturday

      0